AccessToMedicines

Eisai ATM Navigator 世界中で、健康をもっと近くに。

Japanese / English
AccessToMedicines
Japanese / English

Eisai ATM Navigator 世界中で、健康をもっと近くに。

社会問題でもある 顧みられない熱帯病について

食物媒介吸虫類感染症

肝吸虫などの吸虫類の幼虫(メタセルカリア)を有している淡水魚や甲殻類などを生食することにより感染し、発熱、腹痛などを引き起こす病気です。主に4種類の吸虫が存在し、寄生する吸虫の種類と、その成虫が寄生する臓器の部位により、症状が異なります。東南アジアや南米を中心に、世界70カ国以上から感染が報告されています。

感染原因

病原体

寄生蠕虫の吸虫

中間宿主

最初に淡水巻貝が第一中間宿主となり、淡水魚・甲殻類などが第二中間宿主となる

 食物媒介吸虫類感染症は、寄生蠕虫の吸虫(口部、腹部に吸盤があり消化管はあるが、肛門を有しない)の幼虫が寄生した生魚や甲殻類、野菜などを食べることで感染する、人獣共通感染症(動物から人に、人から動物に伝播するが、成虫が人に直接感染することはない)です。
 もっとも一般的な吸虫は4種類(肝吸虫、タイ肝吸虫、肝蛭(かんてつ)、肺吸虫)です。いずれの吸虫も、最初は淡水巻貝に寄生します。そこから寄生虫ごとに異なる発育経路をたどります。肝吸虫とタイ肝吸虫は第二中間宿主として淡水魚に、肺吸虫は甲殻類に寄生します。ただし、肝蛭の場合、幼虫は魚などの第二中間宿主は必要とせず、水草、牧草などに付着して発育し、感染能力を持つようになります。
 そして、これらの吸虫は最終的に哺乳類に寄生します。人へは、第二中間宿主(淡水魚や甲殻類、肝蛭の場合は、幼虫が付着した水生植物など)を食べることで感染します。

症状

 感染初期や感染量が少ない場合には自覚症状がないため、気付かないことがあります。ただし、感染量が多いと特に腹部に強い痛みを感じることがあります。腹部の痛みは、肝蛭が感染した場合にしばしば見られ、慢性化すると重い症状が続きます。
 吸虫の種類と、その成虫が最終的に寄生する内臓の各部位により、症状は以下のように異なります。

肝吸虫、タイ肝吸虫

 細胆管に寄生し、肝管の周囲の炎症や線維化を引き起こします。最終的に胆管がんへと進行することがあります。

 
肝蛭

 肝蛭は胆管の広い部位や胆嚢に寄生し、炎症や線維化、閉塞、疝痛、黄疸の原因となります。肝線維化や貧血も頻繁に発症します。

 
肺吸虫

 肺組織に寄生します。症状は、血痰、胸の痛み、呼吸困難や発熱などがあり、結核と誤診されることがあります。この吸虫は本来の寄生場所とは異なった場所で、発育、成熟する(異所寄生)ことがあり、特に脳に寄生した場合にはもっとも深刻な状態(頭痛、けいれん、麻痺など脳腫瘍に似た状態)を引き起こします。

 

治療方法

治療には吸虫駆除薬を使用します。吸虫の種類によって薬剤を使い分けます。

肝吸虫、タイ肝吸虫

プラジカンテル

 
肝蛭

トリクラベンダゾール

 
肺吸虫

プラジカンテルとトリクラベンダゾールの二剤併用

 

予防方法

 魚や甲殻類は加熱して食べるなど、食の安全に留意することが重要です。また、感染者が多い地域では、感染後に使用する駆虫薬を予防薬として使用することもできます。肝吸虫症とタイ肝吸虫症にはプラジカンテル、肝蛭症と肺吸虫症にはトリクラベンダゾールが予防薬として対象地域全域に使われることがあります。

感染リスクのある地域

 現在までに世界70カ国以上で感染の報告がありました。特に、東南アジア、南米がもっとも流行している地域です。この寄生虫症は、人々の食習慣や調理方法、中間宿主の生息状況などにより、同一国内でも地域により感染状況が異なっています。

推定感染者数

 2005年には世界で5600万人以上が食物媒介吸虫類感染症に感染していました。2015年には、60万人が治療を受けています。

推定死亡者数

 2005年には世界で7000人以上が死亡しています。

製薬会社・NGOなどの取り組み事例

 WHO(世界保健機関)ではほかのNTD(顧みられない熱帯病)制圧のための活動と同様に、食物媒介吸虫類感染症についても下記の施策を行っています。
 
・ 制圧戦略方針および推奨事項の立案
・ 流行地域のマッピング支援
・ 流行地域への早期介入、およびパイロット制圧計画の推進支援
・ 実施される活動のモニタリングおよび評価の支援
・ 食物媒介吸虫類感染症の実態と施策の結果の評価および記録

 WHOは予防的な化学療法の使用を促進し、食物媒介吸虫類感染症においては胆管がんの発症などの最悪の事態を招かないように努めています。
 また、ノバルティスファーマから肝蛭症と肺吸虫症の治療薬であるトリクラベンダゾールの無償提供を受け、2006年から、270万錠以上を必要とするすべての国に配布しています。

参照情報
WHO- Neglected Tropical Diseases, accessed March 19, 2014,
http://www.who.int/neglected_diseases/mediacentre/factsheet/en/
CDC- Neglected Tropical Diseases, accessed March 19, 2014,
http://www.cdc.gov/globalhealth/ntd/diseases/